チャンピックスでイライラ抑止の理由

チャンピックスは、ファイザー製薬が販売している禁煙薬です。チャンピックスは、タバコがやめられない理由であるニコチン中毒を緩和させる飲み薬になります。タバコをやめられない理由としてはニコチン中毒が原因であるケースがほとんどです。ニコチンは体内に取り込まれると気分を落ち着かせる効果がありますが、ニコチン成分が体内から抜けると反動で気分が落ち着かなくなったり、イライラの原因となります。このため禁煙をするさいには本数を減らしていくことで、ニコチンを体内からゆっくりと抜いていくのがベターな禁煙方法といえます。しかし、一度味わってしまった気分が落ち着くといったものはストレスなどでタバコを吸ってしまう理由になります。一方でチャンピックスは、従来の禁煙方法や禁煙補助薬と異なり、ニコチンに代わって少量のドーパミンを分泌することでイライラを抑えることができ、さらにタバコを美味しくないと感じさせる成分が入っています。このタバコを美味しくないと感じさせる成分がチャンピックスの最大の特徴といえます。チャンピックスの基本的な仕組みとしては少量のドーパミンを放出することでニコチンによるイライラを抑えるというものですが、同時にタバコを美味しくないと感じさせる成分が身体に蓄積されます。このため禁煙中にタバコを吸ってしまったさいにもタバコが美味しくないと感じさせることができ、タバコに対する拒否反応を起こさせることでタバコを吸いたくない状態にすることが可能です。特に禁煙の失敗で多いのが久々に吸うタバコの美味しさというものがあり、多くの人はこの美味しさの誘惑に負けて禁煙に失敗します。チャンピックスではその失敗のリスクを抑えた成分の入った禁煙薬になります。

チャンピックスと脳の関係

チャンピックスは禁煙外来で処方される経口禁煙補助剤で、タバコを吸っても満足感が得られずに自然と禁煙ができるようになる仕組みとなっています。ニコチンを一切使用しないことから、ニコチン依存症の人にはうってつけの治療薬となっていますが、医薬品である以上は副作用も存在しています。チャンピックスの有効成分であるバレニクリンは、脳内の自律神経で働くニコチン受容体に結合することで、喫煙によるニコチンが取り付くのを防ぐ働きがあります。また刺激を与える物質であることから、快楽や安心感を与える少量のドパミンを放出し、禁煙時の不安感やイライラといった離脱症状を軽減させる働きもあります。しかし、脳内で作用するこのチャンピックスは向精神薬となるSSRIに良く似た働きがあり、神経や精神に影響を及ぼす可能性が高いことから、副作用としてめまいやふらつき、胃腸症状による吐き気などが多く、さらに酷い症状ではうつ症状や意識消失といった障害が起こる可能性もあります。病院で処方される際には、服用時に自動車の運転や高所での作業、機械の操作などは禁止するように言われていますが、個人輸入で購入した場合は注意点を指摘してくれる人がいないため、注意事項を良く読んで使用しなくてはいけません。過去には車の運転中に意識を喪失し、大きな事故となったケースもあるため、服用のタイミングなどは注意しましょう。日本では何故かめまいやふらつきといった軽度の副作用ばかりが注視され、大した影響はないと考えられていますが、アメリカ食品医薬品局(FDA)では重篤副作用数でワースト1を取り、非常に危険な飲み薬として認識されているのです。手軽に禁煙ができる飲み薬として存在していますが、効果が高い分だけ副作用の危険もあるということは理解しておかなくてはいけません。

チャンピックス服用後の煙草の味

チャンピックスは禁煙のための内服薬です。煙草を吸うと、その煙の中に含まれたニコチンが脳内のニコチン受容体に結合して少量のドーパミンが放出されます。ドーパミンは快感や多幸感を得る機能を担うホルモンのため、煙草を吸うことで快感を得られる、リラックスすることができるので煙草をやめることができなくなってしまいます。ドーパミンは日常生活でも放出されているものなのですが、煙草を吸うことで放出されるようになると日常生活で何かあっても自然と放出されることがなくなってしまいます。脳内のドーパミンが減少すると再び煙草を吸ってドーパミンを放出させようとする悪循環が続いてしまうのです。今までの禁煙用の煙草やパッチには少量ではあってもニコチンが含まれていたため、禁煙をやめた後に再び煙草を吸ってしまう人が少なくありませんでした。しかしチャンピックスは成分が脳内のニコチン受容体に先に結合して少量のドーパミンを放出してしまうため、チャンピックスを服用した後に煙草を吸ってもニコチンが結合するニコチン受容体がありません。そのため煙草を吸ってもドーパミンが放出されなくなってしまいます。今までの「煙草を吸ったら快感が得られた、リラックスした」という状況にならないため、煙草をおいしいと感じなくなってしまいます。また自然とドーパミンが放出されるようになってくるため、煙草を吸って強制的にドーパミンの放出を促すこともしなくて良くなります。これらの作用によって、チャンピックスを服用すると禁煙できるようになるのです。
チャンピックスを服用し始めてから煙草がおいしくないと感じるまでの期間には個人差があり、早い人では2、3日で効果が現れると言われています。